違いはたった一つだけ、成分ではなく技術です。

THE LINE FACE CREAM
¥28,800 (全込)

打たずに、塗るだけ。南極でも、アマゾンの奥地でも。 打たずに、塗るだけ。
南極でも、アマゾンの奥地でも。

Deep In Act技術は、経皮浸透研究機関で研究・開発された次世代先端技術で、ニードルなど の物理的方法を使わずに、塗布のみで成分の浸透※1を叶えてくれます。
これまで次世代の先端技術と評されながら、クリニックへの普及に向けて法整備や関係各省 の調整などの課題が残されており、一般化するまでに時間がかかると言われています。

そこでは膨大な数の検証データをもとに、世界に先駆けて基礎化粧品にDeep In Act技術を移管、応用致しました。
「化粧品であって、化粧品でない」は肌に悩みを持つ人々に、皮膚科学研究の最前線のサイエンスから生まれた技術で、まったく新しい角度から対処します。

違いはたった一つだけ、成分ではなく技術です。

違いはたった一つだけ、
成分ではなく技術です。

皮脂や角質層で保護された肌深くに成分を浸透※2させるためにはクリアしなければならない基本的な3つの要素があります。
Deep In Act技術は、その3つの要素を満たし、初めて機能成分の形状・分子量を変えずに肌深く※2へ浸透※2させることに成功した次世代先端技術です。

肌に浸透※2させるための3つのルール
[1] 質量を500ダルトン以下にすること
[2] サイズを200nm(ナノミクロン)以下にすること
[3] 脂溶性であること

1. Deep In Act化は機能成分の分子量をそのま まに、水分だけを除去することでサイズを200nm以下に加工します。さらに、オイルコーティングを施し水溶性の機能成分を脂溶性に変えます。

対して、通常のナノ化(リポゾーム化)は機能成分を200nm以下、500ダルトン以下にするため、元の形状をハサミで切り刻むように分解加工します。

2. オイルコーティングにより脂溶性となった機能成分は、皮脂と馴染み、肌バリアを安全に突破できます。その後、機能成分は肌の水分と結合し元のサ イズに戻ります。

対して、通常のナノ化機能成分は水溶性のものが多いため、脂が水を弾くのと同じ原理により皮脂・肌バリアの 油膜を越えることが難しいのです。

3. 低温加工により、機能成分の熱変性を防ぎます。機能成分が元の形状を維持していることで 、機能成分自身の持つ「カギ」と人の持つ「カギ穴」にピッタリと合い機能成分が持っている本来の機能を肌に正確に伝達することができます。

対して、通常のナノ化機能成分は何らかのアクシデントで肌バリアをクリアできたとしても、形状が分解されているためカギ穴に合わず効果を得ることが難しくなります。

違いは保持できる水分量です。 違いは保持できる水分量です。

のDIA化ヒアルロン酸 ※4

ヒアルロン酸※4は1,500,000ー2,000,000ダルトンの分子量を持っているため、そのままでは肌に浸透※2させることができません。浸透※2させるためにはナノ化(リポソーム化)が一般的ですが、ナノ化は「肌に浸透※2させるための3つのルール」をクリアするために、ヒアルロン酸※4をハサミでバラバラにカットするようなイメージで分子量とサイズを小さくします。バラバラにされたヒアルロン酸※4はその機能を失い、1gあたり60mlの水分しか保持することはできません。Deep In Act化されたヒアルロン酸※3(DIA化ヒアルロン酸※4)はヒアルロン酸※4の本来の形・分子量を変えることなしに肌深く※2に浸透※2させることができます。そのため、ヒアルロン酸※4本来の機能の通り、1gあたり6,000mlの水分を保持することに成功しました。その結果、肌深く※2で大量の水分と結合しふっくらと肌を押し上げるのです。

大切なことは、NMN※3本来のカタチで届けること。 大切なことは、
NMN※3本来のカタチで届けること。

のDIA化NMN ※3

NMN※3の分子量は334ダルトンなので、肌浸透※2ルール[1]の分子量(≒質量)500ダルトンはクリアしています。しかし水溶性のため肌へ浸透※2させるには脂溶性に加工する必要があり ます。通常のナノ化(リポソーム化)であっても浸透※2させることは可能ですが、リポソーム加工の過程で高熱を加える必要があるので元の形状が変わってしまうリスクがあります。また水分を脱水していないので酸化還元反応が起こりNMN※3本来の機能を失うリスクがあります。DIA化NMN※3の加工工程は、水分を脱水加工(=酸化還元反応を起こさない)、低温加工(=成分の熱変性を起こさない)、オイルコーティング加工(=脂溶性に変える)を施すため NMN※3本来の形を維持しながら肌深くに浸透※2させることができます。DIA化NMN※3は本来の持つ機能をそのまま、肌に正確に伝達することができます。

※1 年齢に応じた肌ケア ※2 角層まで ※3 ニコチンアミドモノクレオチド/整肌成分 ※4 ヒアルロン酸Na/整肌成分